患者中心の保健医療を支える
処方情報分析のリーディングカンパニー

 03-5294-5990

Excelでマウスを使った連続データの入力

time 2016/09/20

※解説記事内の画像はExcel 2010のものです。

こんにちは。うめです。

私はポケモンGoは未だやっていないのですが、最近めっきり街でハンターを見かけなくなってきました。
絶滅したのでしょうか。

さて、今回はマウスを使った連続データの入力について、ご紹介したいと思います。

Excelファイルの入力や編集では、ショートカットを覚えて使い慣れると、速く効率的に作業ができるのですが、普段そこまでExcelファイルをいじらなくても、使うときは効率的に作業したいといった方もいらっしゃるかと思います。

それでは早速、ドラッグを使う方法とダブルクリックで行う方法の2通りをご紹介します。

ドラッグによる連続データの入力

下表のようなケースで月ごとの売上を入力する表を作成するとしましょう。

B列の月は1月から12月まで入力します。
まず、月は「1月」だけ直接キーボードから入力します。

この状態で1月が入力されたセルにカーソルをあて、カーソルの右下部分の(■)をクリックします。
fig1

そのまま下方向へドラッグします。
fig2

ドラッグ中ガイドが表示されますので、ガイドを参考に12月になるまでドラッグすると
自動的に12月まで入力されます。
fig3

カーソル右下のアイコンを開くと、メニューが表示されコピーなどに変更することも可能です。
fig4

今回は月を連続入力しましたが、数字の前後の文字は何でもOKです。

ダブルクリックによる入力とコピー

上でご紹介したドラッグでの連続データの入力はご存知の方は多いと思いますが、ドラッグしなくても連続入力する方法があります。

前提条件としては、連続入力したい列の左隣の列に何かしらの入力があることが条件となります。

下表のように、薬剤ごとの売上を計算する表があったとします。
fig5

薬剤ごとの売上は単価×個数ですので、売上列のE3セルには[C3*D3]と入力します。
fig8

E3セルが計算された状態でカーソルをあて、カーソルの右下をダブルクリックします。
fig6

すると一瞬で、すぐ左の列のデータの終わりまでE列の売上が自動的に計算されます。
fig7

まとめ

いかがだったでしょうか。

Excelのショートカット等を駆使すると速く効率的に作業ができますが、手がマウスの上にある場合などは、今回ご紹介した方法でも十分効率的に作業を行うことができると思います。
状況に応じてマウスも活用してみてはいかがでしょうか。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タグ

このブログについて

このブログ(JMIRI Office部)は、製薬企業のマーケティング部門の方やアナリティクス/レポーティングを担当している方に向け、Excel / PowerPointなどのOfficeソフトの使い方、分析の考え方、グラフの使い方、美しい資料の作り方、効率的な作業の進め方など、仕事に役立つ様々な情報を少しゆるめに発信していきます。

Author:医療情報総合研究所(JMIRI)について

医療情報総合研究所 JMIRIは、まだビックデータという言葉が無いころに日本で初めて処方情報データベースの運用・分析を開始した、処方情報分析のリーディングカンパニー。これまでに累計数十万ページ規模の分析レポート/グラフを製薬企業に向けて作成/提供してきました。

[詳細]


お問い合わせ

arrowup

mail