患者中心の保健医療を支える
処方情報分析のリーディングカンパニー

 03-3239-6840

IF関数の基本をマスターしよう

time 2016/09/12

※解説記事内の画像はExcel 2010のものです。

こんにちは、JMIRI Office部のフレンチプレスです。
先日はブラジル産のコーヒー豆を淹れてみました。
ブラジル産は酸味と苦みのバランスがほどよく、癖もなくマイルドな感じでした。

では、今回は便利なIF関数の基本をご紹介します。
IF関数は次のような形になります。

=IF(比較条件, 真の場合の処理, 偽の場合の処理)

比較の結果は、真の場合と偽の場合の2つが必要になります。

まずは使ってみよう ー単純編ー

まずは、単純な例から見ていきましょう。
img_01
=IF(A2="はい", 1, 0)

上の関数の意味は次のとおりです。
A2 = はい の場合は 1 を返し、それ以外であれば 0 を返す

次に、内容を少し変えて見ましょう。
img_02
=IF(A2=1, "はい", "")

こちらの式の意味は次のとおりです。
A2 = 1 の場合は はい を返し、それ以外の場合は 空 を返す

このように、IF関数はテキストと数値の両方を使用できます。

また、関数の引数ダイアログボックスから入力する場合は、このように入力ます。
img_03
① [論理式]は条件部分を入力します。
② [真の場合]は[論理式]に入力した条件に当てはまった場合に表示するものを入力します。
③ [偽の場合]は[論理式]に入力した条件に当てはまらない場合に表示するものを入力します。

[論理式]には、以下の比較演算子が使えます。

演算子 内容
< より小さい
<= 以下
> より大きい
>= 以上
= 等しい
<> 等しくない

もっと使ってみよう ー応用編ー

次の表は、IF関数の条件に比較演算子を使って、店舗ごとに売上の目標達成の評価を表示します。
img_04
=IF(C2>=B2, "達成", "未達成")

上の例では、D2セルの式は
C2がB2と同じか、C2がB2より大きい場合は “達成” を返し、それ以外の場合は “未達成” を返す
という意味になります。

今度は、IF関数の条件の結果が真の場合に返す部分に式を使ってみます。
店舗ごとに売上が未達成の場合は、目標までの計算の結果を表示します。
img_05
=IF(C2<B2, B2-C2, "")

上の図では、E2セルの式は
IF(売上が目標より小さい場合は、目標までの計算を返し、それ以外の場合は空を返す
という意味になります。

IF関数 まとめ

IF関数の基本はマスターできましたでしょうか。
このように、ある条件により、表示する値を変えたい場合は、IF関数を使うと便利です。
次回もお楽しみに!

タグ

このブログについて

このブログ(JMIRI Office部)は、製薬企業のマーケティング部門の方やアナリティクス/レポーティングを担当している方に向け、Excel / PowerPointなどのOfficeソフトの使い方、分析の考え方、グラフの使い方、美しい資料の作り方、効率的な作業の進め方など、仕事に役立つ様々な情報を少しゆるめに発信していきます。

Author:医療情報総合研究所(JMIRI)について

医療情報総合研究所 JMIRIは、まだビックデータという言葉が無いころに日本で初めて処方情報データベースの運用・分析を開始した、処方情報分析のリーディングカンパニー。これまでに累計数十万ページ規模の分析レポート/グラフを製薬企業に向けて作成/提供してきました。

[詳細]


お問い合わせ

arrowup

mail