患者中心の保健医療を支える
処方情報分析のリーディングカンパニー

 03-3239-6840

簡単、きれいに!上位カテゴリの最初だけに罫線を引きたい

time 2017/07/31

※解説記事内の画像はExcel 2010のものです。

( ˙灬˙ ) 「大至急、このリストをExcelで作ってくれ!急ぎだから10分以内に。顧客に出すから綺麗にな!」

( ̄▽ ̄)「がってん承知!」

keisen01

A列はB列、B列はC列の上位カテゴリだから、項目のあるセルだけに罫線を引きたいんだけれど……。

理想はこんな形なのに、うまくできないし、時間がかかる!

keisen02

( ˙灬˙ ) 「ちなみに、このリストはこの下にもまだまだ続くから、よろしくな!」

これじゃ、とても10分でできない!

なんとかして効率よく、しかも綺麗に、罫線を引けないかな?

表の構造を考える

実際に罫線を引く前に、表の構造を考えてみましょう。

この表は、A列はB列の上位カテゴリ、B列はC列の上位カテゴリ、という作りになっています。

この場合、罫線は、以下のような形で引いていきます。

A列 値のあるセルの上のみ実線を引く
B列 値のあるセルの上のみ実線を引く
C列 すべてのセルに細線を引く

 

これを実現するために、今回は「フィルタを利用する方法」と「条件付き書式を利用する方法」の2種類をご紹介します。

方法1:フィルタを利用して罫線を引く

まずはA列からC列にフィルタを設定し、C列すべてに細線を引きます。
([データ]メニュー→[並べ替えとフィルター]→[フィルター])

keisen06

次に、B列の値がある項目のみをフィルタリング(つまり、空白以外を選択)します。

keisen07

B列とC列を選択し、可視セルのみ選択します(ショートカットキーは「Alt + ;」)。

そして、セルの書式設定の罫線タブにて、上と真ん中に実線をひきます。

keisen09

これで、B列のカテゴリごとに、線を引くことができました。

keisen10

A列も同じように、値のある項目のみをフィルタリングし、可視セルのみを選択し、上と真ん中だけ実線を引きます。

keisen11

フィルタを解除し、外枠と縦線を入れれば、完成です!

keisen12

慣れれば1分もあれば、綺麗に線を引くことができます。

方法2:条件付き書式を使う

条件付き書式で、同様の罫線を引くことも可能です。

まずは、C列すべてに細線をひきます。これはフィルターを利用した時と同様です。

次に、B、C列を選択した上で、B2セルをアクティブにし、以下のように条件付き書式を入れます。
([ホーム]メニュー→[スタイル]→[条件付き書式]→[新しい書式ルール])

=$B2<>""  (意味:B列に値がある時)

 

そして、書式は「セルの上に実線」を設定します。

keisen13

するとB列の値のあるセルのみ、実線が引かれます。

ちなみに、この書式の$BはB列ですが、2アクティブセルから見た行数を指定します。

この表が10行目から始まっていたら、B10セルをアクティブにして、書式は=$B10<>""です。

 

次にA~C列を選択し、A2セルをアクティブにし、同じように条件付き書式を入れます。

=$A2<>""  (意味:A列に値がある時)

 

書式は「セルの上に実線」です。

keisen14

最後に外枠と縦線を入れれば、完成です。

keisen14

 

おまけ1:罫線の種類

Excelの罫線にはいろいろな種類がありますが、基本的に使うのは2種類。

keisen03

左列の上から2番目のものが、細線。Excel上では点線に見えるけれど、印刷すると細線になります。

左列の一番下が、実線です。

ほとんどの場合、この2種類で十分です。太線もたまに使うけれど、印象が強すぎるので、ほとんど使用しません。

おまけ2: 枠線を消す

そういえば罫線を引く前に、うすい罫線のようなものが入っていました。

keisen04

この罫線のようなものは、Excelの枠線です。

リボンメニューの「表示」に「枠線」というチェックボックスがあるので、これを外せば消えます。

keisen05

すると、枠線が消えます。

ちなみに、背景色を白く塗りつぶした場合、一見枠線が消えたように見えますが、

ファイルサイズが大きくなるため、お勧めしません。

まとめ

フィルタを使用した綺麗な罫線が引けるようになると、資料の好感度がぐっと上昇します。

ぜひ極めてくださいね。

 

(* ̄▽ ̄)ノ~~ See you!

タグ

このブログについて

このブログ(JMIRI Office部)は、製薬企業のマーケティング部門の方やアナリティクス/レポーティングを担当している方に向け、Excel / PowerPointなどのOfficeソフトの使い方、分析の考え方、グラフの使い方、美しい資料の作り方、効率的な作業の進め方など、仕事に役立つ様々な情報を少しゆるめに発信していきます。

Author:医療情報総合研究所(JMIRI)について

医療情報総合研究所 JMIRIは、まだビックデータという言葉が無いころに日本で初めて処方情報データベースの運用・分析を開始した、処方情報分析のリーディングカンパニー。これまでに累計数十万ページ規模の分析レポート/グラフを製薬企業に向けて作成/提供してきました。

[詳細]


お問い合わせ

arrowup

mail