患者中心の保健医療を支える
処方情報分析のリーディングカンパニー

 03-3239-6840

Text関数で1つのセルに複数の書式を設定する

time 2017/06/19

※解説記事内の画像はExcel 2010のものです。

こんにちは。先日、本屋にふらっと入り「動物ぽんぽん」を衝動買いしてしまいましたトマトニックです。私自身は手先はあまり器用ではないのでなんとか嫁に作ってもらおうと色々と画策中です。嫁もこの手のモノは好きなのでうまく誘導できればと思っています。

さて、今回ご紹介するのは知っていると便利な「Text関数」をご紹介したいと思います。

Text関数とは

「値」を特定の「表示形式」の文字列に変換するための関数です。

=TEXT(数値,表示形式)

例えば、日付の書式設定を変更したり、数値のカンマ区切りを設定したりできます。

01
この例ではセルの書式設定を変更すればText関数を使わなくても実現できることなのであまり意味はありませんが、例えば、異なる書式を1つのセルで表現したい場合にText関数を使うことでうまく表現できる場合があります。

Text関数の実用例

例として店舗別の売上表を考えます。

02

各店舗毎に、上段に月の売上、下段に売上構成比が記入してあります。これを一つのセルで表現したいと思います。

06

まず表を数値記入欄とパワーポイント貼り付け欄の2つにわけます。その上でパワーポイント貼り付け欄の表にText関数を用いて売上と売上構成比の異なる書式を1つのセルで表現しています。

それではText関数の解説です。※「&」は文字列の結合です

TEXT(C4, "\#,###,##0") : 売上の数値を書式設定しています。この書式では先頭に「\」を表示し、数値を3桁区切りに設定しています。

& CHAR(10) : CHAR(10)は改行コードです。今回は改行コードを使って売上と売上構成比の間に改行を挿入しています。

& TEXT(C4/C$7, "(#0.0%)") : 売上構成比を書式設定しています。この書式では小数第一位まで表示し、「%」記号および値の前後に「( )」表示を設定しています。

尚、改行コードを挿入した場合は

05

「折り返して全体を表示する」の設定をします。

このようにText関数を用いることで異なる書式を1つのセルで表現することができます。

仮にText関数を使わない場合は3桁毎のカンマ区切りや小数第1位の表示などを自力で文字列操作をする必要があります。

まとめ

このようにText関数を用いることで異なる書式を1つのセルで表現することができます。

また、Excelの数値を使ってパワーポイントの資料を作成する場合などにも活躍します。

Text関数で1つのセルにまとめておくと、Excelの表をパワーポイントの表にそのままコピー&ペーストで貼り付けるだけなので、作業効率アップにつながります。

タグ

このブログについて

このブログ(JMIRI Office部)は、製薬企業のマーケティング部門の方やアナリティクス/レポーティングを担当している方に向け、Excel / PowerPointなどのOfficeソフトの使い方、分析の考え方、グラフの使い方、美しい資料の作り方、効率的な作業の進め方など、仕事に役立つ様々な情報を少しゆるめに発信していきます。

Author:医療情報総合研究所(JMIRI)について

医療情報総合研究所 JMIRIは、まだビックデータという言葉が無いころに日本で初めて処方情報データベースの運用・分析を開始した、処方情報分析のリーディングカンパニー。これまでに累計数十万ページ規模の分析レポート/グラフを製薬企業に向けて作成/提供してきました。

[詳細]


お問い合わせ

arrowup

mail