患者中心の保健医療を支える
処方情報分析のリーディングカンパニー

 03-5294-5990

ワイルドカードについて

time 2017/01/23

※解説記事内の画像はExcel 2010のものです。

こんにちは。今回はワイルドカードについて書いてみようと思います。

ワイルドカードは、フィルターの絞り込み、検索、置換を行う時に便利です。エクセル以外でも、エクスプローラでのファイルの検索でも力を発揮します。

エクセルで使用できるワイルドカードは3種類存在します。

ワイルドカードの使い方「*」(アスタリスク)

一番よく使うのが「*」(アスタリスク)です。「*」は1つで文字列の代替になります。文字列がなくても大丈夫です。

ワイルドカードの使い方「?」(クエスチョンマーク)

使い方は「*」(アスタリスク)とほぼ同様です。しかし、「*」は1つで文字列の代替になりますが、「?」は1つで1文字の代わりとなります。

ワイルドカードの使い方「~」(チルダ)

「*」と「?」を検索したい場合に使用します。
「~*」「~?」と入力して検索すれば、シート内の「*」「?」という文字列を見つけることができます。これを使えば、計算式の内「*」(掛ける)を「+」に変換し 足し算にすることができます。

ワイルドカードを使用した文字列の置換について

セルに abc456ghi と入力されているとき
検索する文字列に456 置換後の文字列に def と入力して実行すると abcdefghi に置換されます。

%e7%bd%ae%e6%8f%9b2

セルに abc456ghi と入力されているとき

*(アスタリスク)を使用し検索する文字列に456* 置換後の文字列に def と入力して実行すると abcdef に置換されます。

%e7%bd%ae%e6%8f%9b3

セルに abc456ghi と入力されているとき

*(アスタリスク)を前後に使用し検索する文字列に*456* 置換後の文字列に def と入力して実行すると def に置換されます。

置換3

 

セルに abc456ghi と入力されているとき

?(クエスチョンマーク)を前後に使用し検索する文字列に?456? 置換後の文字列に def と入力して実行すると ?は一文字に相当するため前後の c と g がなくなり abdefhi に置換されます

置換4

 

ワイルドカードを使用した関数例

COUNTIF関数とワイルドカードを組み合わせてみます。
B2セルに abc456ghi と入力されているとき =COUNTIF(B2,"456")と入力すると結果は0が返りますが、

%e7%bd%ae%e6%8f%9b4

ワイルドカードの*を付けて=COUNTIF(B2,"*456*")と入力すると1が返ります。

%e7%bd%ae%e6%8f%9b5

 

これを使用するとセルにある特定の文字列を含んだセルの数を数えることができます。

たとえば表Aの住所でセルE2に入力されている「中央区」の件数を数えるには

セルF2に =COUNTIF($C$2:$C$16,"*"&E2&"*") と入力します。

countif

この式をF3,F4にコピーすると港区、文京区の件数を数えることができます。

 

まとめ

ワイルドカードは

フィルターの絞り込み、検索、置換を行う時に便利です。

エクセル以外でも、エクスプローラでのファイルの検索でも力を発揮します。

ワイルドカードを使える関数はCOUNTIFの他に

SUMIF関数、VLOOKUP関数などがあります。

使用する頻度は少ないと思いますが、知っておくととても役立つ場面があると思います。

 

タグ

このブログについて

このブログ(JMIRI Office部)は、製薬企業のマーケティング部門の方やアナリティクス/レポーティングを担当している方に向け、Excel / PowerPointなどのOfficeソフトの使い方、分析の考え方、グラフの使い方、美しい資料の作り方、効率的な作業の進め方など、仕事に役立つ様々な情報を少しゆるめに発信していきます。

Author:医療情報総合研究所(JMIRI)について

医療情報総合研究所 JMIRIは、まだビックデータという言葉が無いころに日本で初めて処方情報データベースの運用・分析を開始した、処方情報分析のリーディングカンパニー。これまでに累計数十万ページ規模の分析レポート/グラフを製薬企業に向けて作成/提供してきました。

[詳細]


お問い合わせ

arrowup

mail