患者中心の保健医療を支える
処方情報分析のリーディングカンパニー

 03-5294-5990

リボンメニューでEXCELをもっと便利に

time 2016/08/24

※解説記事内の画像はExcel 2010のものです。

EXCELを開くと一番上に鎮座している「リボンメニュー」。

場所をとって邪魔な割にはいまいち使い辛いと思ったことはありませんか?
このblogでは、今更聞けない基本的な事から、一部独断と偏見による便利機能まで、リボンメニューについて紹介させていただきます。

リボンメニューとは何ぞや

ご存知の方も多いと思いますが、改めてリボンメニューにいついて簡単に説明します。

リボンメニューはOffice 2007で初めて搭載されたインターフェイスで、メニュー・ツールをタブに整理したコマンドバーです。
Microsoftでは、「ヘルプを参照することなく、ユーザーが効果的に直接コマンドを見つけ、理解し、使用できるようにします。」と書いてありましたが・・・・感覚は人それぞれですね(w)

さて、大きく分けてリボンメニューは、メインタブとツールタブがあります。
メインタブは、EXCELを開くと上部に表示されるタブで、ほぼ常時表示されています。
img_01

ツールタブは、該当する機能に触れているときにだけ表示されるタブで、何かしらタブに色がついています。
img_02

どちらも階層状に構成されており、メインタブを例にすると以下のようになっています。
img_03
<タブ> 類似の機能の最も大きな集合
<グループ> タブの中で、さらに類似の機能をまとめた集合
<コマンド> 1つの機能(最小単位)
コマンドは、デフォルトでは表示されないものが多数存在するので、何が何処にあるのか知ることがEXCEL作成効率化の近道となります。

メインタブには何がある?

デフォルトでは非表示のタブも含め、ざっと一覧にしてみました。
img_04
ピックアップグループ/機能は、本当に基本的なもの(フォントやクリップボード等)を除いて、デフォルト設定でも個人的に使うと便利なグループまたは機能を記載しました。

ツールってなに?

ツールは、メインメニューの何らかのオブジェクトを挿入した場合、対象となるオブジェクトの編集を行う機能です。

ここでは、こんなものがあるんだ、程度の紹介にしておきます。
img_05
次回は、リボンのカスタマイズについて説明していきます。

タグ

このブログについて

このブログ(JMIRI Office部)は、製薬企業のマーケティング部門の方やアナリティクス/レポーティングを担当している方に向け、Excel / PowerPointなどのOfficeソフトの使い方、分析の考え方、グラフの使い方、美しい資料の作り方、効率的な作業の進め方など、仕事に役立つ様々な情報を少しゆるめに発信していきます。

Author:医療情報総合研究所(JMIRI)について

医療情報総合研究所 JMIRIは、まだビックデータという言葉が無いころに日本で初めて処方情報データベースの運用・分析を開始した、処方情報分析のリーディングカンパニー。これまでに累計数十万ページ規模の分析レポート/グラフを製薬企業に向けて作成/提供してきました。

[詳細]


お問い合わせ

arrowup

mail